園地の作業はいよいよ球根の堀上げに入りました。
今年は比較的暖かいので、堀上げもしやすい状況です。
(地面が凍ると大変)

掘り上げ方ですが、農具を使い両サイドから球根を持ち上げます。
20181113_231146408_iOS
20181113_231247164_iOS
20181113_231255905_iOS
その球根は、ざっと水洗いして土を落とします。
20181113_231316424_iOS
20181114_005550546_iOS
その後茎をハサミで切って、品種ごとにコンテナに収納。
この時コンテナには、持ち手の部分にタグを付け、中に残りのタグを入れて品種不明になるリスクを軽減。
球根を折らないように収納するのは結構神経を使います。
(ここで折ったら、収穫できる球根が1球減ることになるので)
20181114_010014021_iOS

コンテナが軽トラックにいっぱいになったら、ハウス前に持っていき最終の洗い作業です。
洗いたての球根には、芽がよく見えるものも。
20181114_005604394_iOS
真ん中の白く盛り上がっているのが「芽」です。
この「芽」を付けながら分球をしないと、いくらぷっくりしていても「芽」は出てきません。
分球の際はご注意くださいね!!

堀上げが終了したらいよいよ分球作業に入ります。
県道上の園地が終わったばかりで、もうしばらく掘上げですが、作業台は先に作成済みです。
20181114_031721706_iOS