6月に入り、園地の球根を植え始めました。
決められた場所に球根を配置する担当と、植える担当に分かれての作業です。
どうしても思い通りにはならないので、咲いてくれるように祈りながら行います。
20180603_231051472_iOS
球根を入れる穴を掘ります。(球根の部分は少し深めに)
20180605_050517441_iOS
球根を置きます。(すべて両神山方向に頭を向けます)
20180603_231323284_iOS
雨が降っても大丈夫なように、頭は2~3cm程度土をかぶせます。
20180603_231339232_iOS
これをひたすら繰り返します。
20180604_020227308_iOS
芽が伸びてきた球根は、二節残してカットしておきます。
20180605_041810068_iOS
余談にはなりますが、植えたダリアが万が一ダメになった時のために、1列につき3球の予備を植えます。
また、昨年不作だった品種は圃場に植えて数を増やすことも行っています。
パンフレットで謳っているよりも、大分株数を作っています。
また畝の総距離は3kmに届くのだとか・・・。
そんな苦労があるからこそ、見事なダリアを咲かせたいし、皆様に見て頂きたい!!
今年も楽しみにしててくださいね。