2021年03月


担当者変更のお知らせ。
2018年4月より前担当者から引き継ぎ、ダリアの知識がまったく無い中手探りで記事を書いてきました。
私ごとで恐縮ですが、本日をもってダリア園を退職することになりました。

なにぶん知識が無かったので、「普段の作業の様子がどんな意味があるのか」や「この作業の話は栽培している人にも参考になるんじゃないか」など、写真も含めて書き綴っていった次第です。
何かのお役に立ったのであれば幸いです。

コメント頂いた皆様、記事を書いている側としては反応があって嬉しかったです。
ありがとうございました😊

今シーズンの開園に向けてダリア園は動き出しています。
今週中には球根の発送もスタートすると思います。
引き続き、応援頂けますと幸いです。
IMG_4295
IMG_4296
IMG_4297


標高400mのダリア園は、他よりもやや遅めの桜の開花🌸
IMG_4279
IMG_4280
IMG_4284
IMG_4281
IMG_4285
IMG_4283

ウグイスもだいぶうまく鳴けるようになってきました。

発送する球根のピックアップと、送る際の緩衝材のプチプチをカット✂️
進めてます。
IMG_4288
IMG_4287
IMG_4278


《おもてなし課 沢田 朋輝》
4月3日(土)〜5月16日の土日(状況により、終了時期を早める場合がございます)
ダリアのオンライン栽培相談を実施します。

4月になり地域おこし協力隊からは退任しておりますが、引き続きダリアの生産者として小鹿野町に残ります。
実は、直売所で球根を購入する時に相談出来たら背中を押せる人がいるんだろうなと思いながら、平日ダリア園で作業して土日で栽培相談をすると、休み0日になるので断念してました。
退任にあたりダリア園からは離れるので、今年はやりたいと思います。

とはいえ移動が微妙な状況ですし、遠方の方向けにオンラインで栽培相談にトライ。
オンラインツールは「Zoom」を使用します。
・リンク先から希望日時を選択し(時間枠は30分単位)
・必要事項を入力
・私、沢田より入力していただいたメールアドレス宛に、ミーティングルームのURLをお送りする
の流れです。
精一杯やりますが初の試みなので、温かい目でご協力頂けますとありがたいです。

本当はダリア園の球根が直売所に並ぶ目処が立ったらと思っておりましたが、ちょっと不確定でして。
昨年中にダリア園でご注文された方もいるでしょうから、4月3日からスタートします。

直売所でのダリア園の球根販売は、ブログでお知らせするようにお願いしておきます。
http://www.ryokami.ogano.saitama.jp

どうぞ、よろしくお願い致します。

↓以下がオンライン栽培相談予約のリンクです。
https://coubic.com/natural-dahlia/855937

順調にトラクターで耕耘してます🚜
IMG_4232
IMG_4236
IMG_4238
IMG_4239
IMG_4242
IMG_4243
IMG_4245


今朝は冷えました。
IMG_4221
IMG_4223

でも日中は太陽が出てくれて、球根を洗うのも楽でした。

IMG_4226
無事に球根は全て出ました。
これから球根発送の準備で忙しくなります。


球根を出してます。
IMG_4212
個体によっては芽や根がもう出始めてます🌱
IMG_4213
IMG_4214

一方で気温か、湿度か、その他の要因か。
防腐処理をしましたが、腐ってしまうものも。
毎年ドキドキです。
IMG_4215
IMG_4216

暖かい日が続き、モクレンも咲き始めました🌸
IMG_4190
IMG_4192


トラクターのアタッチメントを耕耘刃に交換しました。
IMG_4145
IMG_4147
IMG_4149

この刃を回す為に、レバー操作が1つ追加されるので、マニュアルを見て確認。
IMG_4169
IMG_4160
IMG_4162

今回は通常の耕耘なので2速です。
そして走行スピードも2速です。
IMG_4167
IMG_4170


均した後は、溝掘りアタッチメントで園地を一周。
IMG_4139
IMG_4142
IMG_4140

手で撒き散らしたのをさらに全体的に広げるので、ブレードを下ろしすぎて掘らないように注意。
マスキングテープで下げる位置を均一にしながらやってます。
次はアタッチメントを交換します。


冬場畝を崩した時には土が凍ってて、極端な凹凸が出来たところを均してます。
IMG_4094
IMG_4095

均したらトラクターで耕耘です。
均されて無くても生えてくる春の草は強いですね🌱
IMG_4096
IMG_4097

そして鹿のフンが転がってる…。
IMG_4098
防護柵を直す前に侵入された時のかしら。

↑このページのトップヘ