両神山麓花の郷ダリア園

2018年12月

沢山あった分球もようやく終了。
球根の保管の準備に入ります。

球根はハウス内に土を被せて保管するのですが、保管中に分球でカットした切り口からカビが生えない様に、消毒液に浸します。
20181217_042043846_iOS
20181217_035729182_iOS

20181217_035910132_iOS
消毒液に浸した後は、乾かすために外へ。
晴れてくれて助かりました。
20181217_035616099_iOS

球根を乾かしている間に、ハウス内を耕していきます。
20181217_035648167_iOS
20181217_064254047_iOS
明日は残りの球根を消毒しながら、いよいよ土を被せていきますよ〜。
 

昨日は寒かったですね
作業開始時のダリア園の気温は氷点下3度・・・。
20181211_000001090_iOS
20181211_000345736_iOS
霜柱で地面はじゃりじゃりでした。
そしてその夜、雪が降りました。
20181211_225314322_iOS
20181212_010644603_iOS
夜のうちに雪から雨に変わってくれ、気温も上昇したので、雪はほとんど残らず路面凍結もなし。
ダリア園に行く途中の坂道が路面凍結したら、と考えると恐ろしくなりますが、皆様冬用のタイヤチェンジはお済みでしょうか?
分球は日に日に進み、なんとなく終わりが見えてきましたよ。
20181210_035613388_iOS

20181211_033117363_iOS

20181212_032657354_iOS
あと数日で終わりそうな勢いです。

日中は太陽も出てくれたので、雪も蒸発!!
20181212_010658850_iOS
20181212_033254552_iOS
20181212_030837095_iOS
 寒いのですが、なかなか幻想的な景色でした。

今朝も冷え込みました。
作業開始8:00の外気温は氷点下1度
ハウス内も暖房をいれないとやってられません。(というか球根がダメになってしまう・・・)
 
球根を分球してて改めて気付くことですが、
花の大きさ、草丈の高さは、球根の大きさと関連性が一切ありません
例えば「キューピット」
お花は小さくて可愛い、草丈も低い品種です。
20180717_034227515_iOS
そして球根がこちら。
20181210_054104699_iOS
しっかりがっしりした球根で、首も頑丈!
(これは分球し易い)
鉢植え用に球根をご注文いただいたお客様、もしも届いた球根が「鉢に入りきらないな〜」と思ったら、プランターをご利用ください。
(出来るだけ植える場所に適したサイズをピックアップする様にしていますが) 

今回分球を初めてする方
品種や株の状態で様々ですが、「芽」って分かりづらくないですか?
というわけで、少しでも参考になればと写真をいくつか掲載します。
 20181205_033557090_iOS
20181205_033540609_iOS
20181205_033512997_iOS
20181205_033457016_iOS
20181205_033343269_iOS
20181205_033206485_iOS
20181205_033140361_iOS
20181205_032937819_iOS
20181205_032853912_iOS
太陽光が当たると見つけやすいのですが、難しい場合はスタンドライトなどで照らしても分かります。
球根の首が折れない様に気をつけながら、上、横、下と探して見て下さい。 

作業開始とともに流れるラジオ
ハウスの中はラジオと鋏で切る音、
消毒液に器具をつけるときの金属音のみが響きます。
そういえば鳥の囀りも少なくなってきましたね。
集中が切れたり、ラジオで面白い話題があるとちょっとしたおしゃべりも始まります。

分球は順調に進んでいます。
3列に積まれていた球根も、右の1列がもうすぐ終わりそうです。
 20181204_034639051_iOS
分球が終わり、品種名が書かれた球根はもう一つのハウスへ移動。
20181204_034701076_iOS
20181204_072811905_iOS
20181204_072821857_iOS
その頃園地では・・・
畝を崩し耕して土をほぐしてます。
20181204_033052484_iOS
20181204_033125181_iOS
20181204_033212166_iOS
紅葉も終わりかけ、冬へと移行していきます。
それにしても今年の気温の変化は激しいですね〜。
20181204_034447483_iOS
20181204_034506200_iOS
 

このページのトップヘ