両神山麓花の郷ダリア園

2018年11月

園地の作業はいよいよ球根の堀上げに入りました。
今年は比較的暖かいので、堀上げもしやすい状況です。
(地面が凍ると大変)

掘り上げ方ですが、農具を使い両サイドから球根を持ち上げます。
20181113_231146408_iOS
20181113_231247164_iOS
20181113_231255905_iOS
その球根は、ざっと水洗いして土を落とします。
20181113_231316424_iOS
20181114_005550546_iOS
その後茎をハサミで切って、品種ごとにコンテナに収納。
この時コンテナには、持ち手の部分にタグを付け、中に残りのタグを入れて品種不明になるリスクを軽減。
球根を折らないように収納するのは結構神経を使います。
(ここで折ったら、収穫できる球根が1球減ることになるので)
20181114_010014021_iOS

コンテナが軽トラックにいっぱいになったら、ハウス前に持っていき最終の洗い作業です。
洗いたての球根には、芽がよく見えるものも。
20181114_005604394_iOS
真ん中の白く盛り上がっているのが「芽」です。
この「芽」を付けながら分球をしないと、いくらぷっくりしていても「芽」は出てきません。
分球の際はご注意くださいね!!

堀上げが終了したらいよいよ分球作業に入ります。
県道上の園地が終わったばかりで、もうしばらく掘上げですが、作業台は先に作成済みです。
20181114_031721706_iOS

本日はダリア園のスタッフ集合で、受付前のテントなどをお片付けしました。
杭も引っこ抜き、いよいよ球根掘り上げがせまってきます。
20181110_225806582_iOS
20181110_225910307_iOS
20181110_225859030_iOS
20181110_225718371_iOS
20181110_230004023_iOS

お片付けの後は、尾ノ内渓谷の紅葉まつりにお呼ばれされているので、みんなでお伺いします。
1日限りですが、ダリアが渓谷を彩っていて感慨深いです。
1週間よく頑張ってくれました。
20181111_023500477_iOS
20181111_022640018_iOS
20181111_022809468_iOS
20181111_023100689_iOS
20181111_023816064_iOS
尾ノ内渓谷は1月から氷柱です。
ご存知ない方は、是非見にきて下さいね〜。

11月3日まではダリアが溢れていた園地が、あっという間に綺麗になっていきます。
20181105_054542693_iOS
20181105_054601510_iOS
まるでシンデレラの物語のように・・・。
魔法がとけてしまった感じです。

ネットを取りやすくするために、茎を根元から切ります。
ウイルス感染を防ぐため、ハサミは都度消毒液に。
20181105_002729875_iOS
20181105_002722402_iOS
球根を活かす株、活かさない株でハサミも使い分け、徹底的にリスクを少なくします。

切られた茎は、上下ネットの間から取り出します。(茎の伸び方に合わせて、ネットの下から取り出す事も。)
ちょっと持ち上げて、勢いよく引き抜くのがコツだと教えて頂きました。
20181105_003145980_iOS
20181105_003147114_iOS
2日間かけて県道上の園地を片付け終わりました。

今期も多くのお客様にご来園いただきました。
ご来園いただきありがとうございました。
多くの品種が最終日まで咲き続けてくれて、ホッとひと安心です。

園地で役目を終えた花は摘んでしまいます。
その中でも状態の良い花は、11/11 尾ノ内渓谷の「紅葉まつり」で飾り付けられ、もう一度輝きます。
20181104_051506638_iOS
園地に残された花も、「紅葉まつり」へ
20181104_055835792_iOS
20181104_005633997_iOS
20181104_055817142_iOS
20181104_055825650_iOS
20181104_055850039_iOS
開園期間は終わりましたが、作業の様子は随時お届けします。
お楽しみに!? 

前倒しでできることは、前倒し。
ということで、翌年の球根発送の準備です。

注文いただいた球根の発送時、緩衝材として入れる木のチップを準備しておきます。
20181030_021840034_iOS
木材屋さんからもらってきた状態では細かい木片も含まれます。
なので、粗めのふるいにかけて大きめのを残します。
20181030_021749955_iOS
20181030_021758429_iOS
20181030_021849810_iOS
けっこう細かいのが舞うので、マスクは必須です

来年春の話ですが、球根が届いたら早めに開封してくださいね。
そして鉢植えを予定している方は、早めに植えちゃってください。
地植えと比べて鉢植えの方が栄養分は不足しがち
今年と同じくらい暑くなるなら、ある程度成長していた方が夏を乗り越えやすいです。
また、直射日光の元では鉢内の温度が40度を超えることも・・・。
お客様によっては鉢をアルミホイルなどで覆ったり、遮光シートの中に移動したりと、
太陽光で鉢の中の温度が上がるのを防ぐ努力をされています。
あと夏場の日中の水やりは厳禁
お湯を地中で熱くなり、お湯をあげることになります。
日が落ちて涼しくなってからあげましょう。

芽は出て茎は伸びたけど、夏場にダメになってしまったという方は、この辺の原因ありませんか?

余談ですが・・・。

皆様「プリンセスマサコ」は園地で見ましたか???

ある人曰く、
プリンセスマサコの内に「プリンセスマサコ」を見られるのは今年で最後です。

たしかに今シーズンで平成は最後、来シーズンからはプリンセス⇒クイーンマサコに変わります
ダリアの品種名は変わらないと思いますので、
プリンセスマサコの内にお見逃しなく
20181031_010646766_iOS
20181031_010656708_iOS
20181031_010713924_iOS

閉園に向けて、園地の外では準備を進めています。
鉢植えで花が終わってしまった鉢は、球根を取り出します。
茎を切り、
20181027_020420976_iOS
鉢をひっくり返して取り出します。
20181027_022053201_iOS
20181027_022131294_iOS
20181027_022159402_iOS
根がびっしりなので土を払い、球根が見える状態にします。
20181027_020411999_iOS
20181027_022529063_iOS
品種が混じらないように、品種ごとに籠を分けます。
20181027_020434486_iOS
鉢植えの球根は来年、植える前に分球して植え付け。
20181028_224316447_iOS
20181028_224307605_iOS
小ぶりですが球根がいくつもついています。
園地の株の分球の時期には、分球についても記事を書きたいと思いますので、興味のある方は挑戦してみてください!!
空いた鉢は、川で洗濯です

このページのトップヘ