両神山麓花の郷ダリア園

2018年06月

以前、両神山の方向に頭を向けて球根を植えるという記事を書きました。
植え方をそろえるには、もちろん理由があるわけで・・・。



その理由とは「球根の埋まっている場所が分かる」でした。

なぜ分かる必要があるか!
①草むしりをするときに、迷わない。
②どうにも芽が伸びてこない時に、掘り起こしやすい。
20180621_001500963_iOS
ピン!ときた方、流石です

私はいい勉強になりました

ダリアの葉も、大きくなってきました。
恵みの雨は雑草にとっても恵みなわけで、これから雑草との戦いが激しくなりそうです

張った網を固定する作業と並行して、鉢植えも開始しました。

出来るだけ鉢の真ん中に芽がくるように球根を配置、土を被せます。

(球根が長い場合は、お尻の部分を深めにして調整)
IMG_6638
IMG_6639
 

被せたら品種名を書いたタグを刺して、台車に乗せて並べていくのですが・・・。

IMG_6641

お姉様達がとにかく速いんです🏃‍♂️💨

台車に15鉢乗せて置きに行って戻ってくると、もう8鉢出来上がっているもんで、すぐに積んでまた出発🏃‍♂️💨
IMG_6643
 

タグが足りなければ書き足して、鉢が少なくなれば足して、大忙しです。


そんなこんなで、本日は650鉢ほど出来上がりました。
IMG_6645
 

球根の植え付けが終了し、網をはる作業に入りました。
ダリアは草丈の高い品種だと1m50cmまで伸びます。
また、超巨大輪の品種は花の直径が30cmを超える為、風に煽られると倒れてしまいます。
網をはることで、風と鹿からダリアを守るのです。(鹿が葉っぱを食べてしまうので、ガードしないと球根を掘り起こされてしまうのです。)
20180612_004153412_iOS

1段目は大体畝から40cm程度、2段目は杭の上部に。
20180612_001354288_iOS

弛んでいると網をはる意味がないので、体重をかけながら引いて杭にかけて行きます。
畝からは植えた球根から芽が顔を出し始めているので、傷つけないように注意しながらの作業です。

20180612_000713060_iOS
20180612_000800170_iOS
20180612_042622047_iOS
20180612_015143876_iOS

園地上段の終わりが見えてきたところで突然の夕立⚡️
バケツをひっくり返したような雨に襲われて…あまりの降雨量に畝の一部が決壊(~_~;)
20180612_053746906_iOS

20180612_054719090_iOS
20180612_054737974_iOS


したものの、なんとか流された球根は回収出来たので、明日植え直します。
水没は洒落になりませんので、水の流れについては見直しが必要ですね。
20180612_055146493_iOS

本日は雨上がりで大変湿度が高いです。
園地でも水蒸気がモヤモヤと立ちのぼってます。
熱中症にはご注意下さい。
20180606_235440678_iOS
スタッフも頭から汗が滴るような状況で作業をしております。

6月に入り、園地の球根を植え始めました。
決められた場所に球根を配置する担当と、植える担当に分かれての作業です。
どうしても思い通りにはならないので、咲いてくれるように祈りながら行います。
20180603_231051472_iOS
球根を入れる穴を掘ります。(球根の部分は少し深めに)
20180605_050517441_iOS
球根を置きます。(すべて両神山方向に頭を向けます)
20180603_231323284_iOS
雨が降っても大丈夫なように、頭は2~3cm程度土をかぶせます。
20180603_231339232_iOS
これをひたすら繰り返します。
20180604_020227308_iOS
芽が伸びてきた球根は、二節残してカットしておきます。
20180605_041810068_iOS
余談にはなりますが、植えたダリアが万が一ダメになった時のために、1列につき3球の予備を植えます。
また、昨年不作だった品種は圃場に植えて数を増やすことも行っています。
パンフレットで謳っているよりも、大分株数を作っています。
また畝の総距離は3kmに届くのだとか・・・。
そんな苦労があるからこそ、見事なダリアを咲かせたいし、皆様に見て頂きたい!!
今年も楽しみにしててくださいね。

今期の直売所での販売を終了しました。
ご購入を頂いた皆様、ありがとうございました。

またこのタイミングで、WEBでの球根注文も終了致します。
主旨をご理解の上ご購入を頂いた皆様、ありがとうございました。
今回のテスト結果を、次回に活かせるように検討します。

園地の球根を植え始めました。
今年もよい花をお届けできるよう頑張っていきますので、お楽しみに。

このページのトップヘ