両神山麓花の郷ダリア園

脇芽かきについて少し書こうと思います。
基本的には芯止めと同じで、残した芽に栄養を回す作業です。
20180731_010439366_iOS
当園は摘芯仕立てで軸となる4本を伸ばします。
その後、成長とともに出てくる脇芽の下2節を残して摘みます。
そうすると軸となる4本に4本ずつ伸びてきて全部で16本に。
ダリアは「前後」と「左右」の交互に葉と脇芽が出てくるので、この方法を取る事でボリュームを出していきます。
 開花の写真を見て、なんか花や蕾が少ないなぁと思った方もいるかも知れませんが、意図的にやってますのでご安心を!

とはいえ相手は生き物です。
いきなり成長したりするので、脇芽もあっという間に大きくなります。
20180730_001203796_iOS
ダリアにダメージが少ないのは左の状態の芽 。
こまめに回るしかないのです。 
そして脇芽をかいても、蕾の下に新たな脇芽が出ていたりと、油断できません。
20180806_023621509_iOS
 

台風の通過に伴い草丈が中途半端な株が倒れ、ひどいのは根元からポッキリ!!
ですが、恵みの雨を受けて本日もダリアが咲いています。

端午の祝
20180730_015558880_iOS
フレンド
20180730_040442550_iOS
ル・クロッコ
20180730_053706343_iOS
里山の秋
20180730_060124027_iOS
倒れた株は昨日のうちに起こし、根元ポッキリは予備株or圃場からの入れ替えで対応しています。
被害が大きくなくて助かりました。

ダリアに皆さんの応援が届いたみたいです
アルペンマリー
20180726_033741151_iOS
 キューティ
20180726_033849218_iOS
絵日記
20180726_033948174_iOS
セクシーポーズ
20180726_034046921_iOS
紅すずめ
20180726_034302908_iOS
 が花を咲かせました

上段ネットを越えようとする株も出てきて、頼もしささえ感じます。
20180726_034154868_iOSホリヒルコットンキャンディ

少しでも栄養分を回そうと、単調な草むしりにもやる気が出てきます
20180726_025828386_iOS午前中で6箱 こちらはエンドレスです。

熊谷の最高気温更新!
ダリア園も、鉢植え用の場所が約41度
20180723_060146147_iOS
ハウス内は約42度
20180723_060217492_iOS
ってことは園地は…。
地下足袋だけでは、足の裏がアチチです。
時々強い風が吹いて涼しいと思ったら、倒された株も。
20180723_064025017_iOS
周りを土で覆って固めるも、土もアチチ。
ダリアに「ゴメンね」しながら立て直します。
20180723_064142630_iOS 

他にも影響がないか確認しながら園地を回っていると、開花第2号「テスブルックオードリー」\(^o^)/
20180723_073252955_iOS
開花しきってないのもちらほらです。
もうすぐですね〜🤗
楽しみ

連日暑いですね

というわけで、鉢植えにも日傘を
20180717_032223164_iOS
炎天下から移動すると、いくらか涼しいです。

園地のダリアは成長を続け、蕾をつけ始めた株も増えてきました。
20180717_025608176_iOS
そろそろ芽摘みの時期なので、草むしりしながら要チェック!!

水分を取ったそばからどんどん汗に代わる陽気の中、ついに開花第一号です。
品種は「キューピット」
花をアップすると分かりづらくなりますが小輪の小柄な品種です。
20180717_034227515_iOS
20180717_034235055_iOS
20180717_034132289_iOS
20180717_034113705_iOS

きゃ~可愛い

本日は、研究用圃場の草むしりでした。
手前はちょっとむしってますが、奥はダリアが分からないほどです。(2列目が特に)
IMG_7511

休憩を挟みつつ、3人でただひたすらむしって、
IMG_7513
IMG_7517

スッキリしました\(^o^)/
IMG_7518

太陽が隠れ、曇り時々雨!
こんな日はカッパを着て球根の植え替え作業を行います。
畝を見て育ち具合を確認しながら、芽が伸びていないもの、育ちがよくないものと補助の球根を入れ替えます。
20180705_060942290_iOS
20180705_061004878_iOS
太陽が照りつけていると土の温度が上がるため、そんな日に行うとダリアにダメージを与えてしまいます。
(人間だと、いきなり熱湯風呂に落とされる感じ)

そして・・・
「スキップリーボザンナ」が全滅・・・
20180704_065928761_iOS
全部腐ってました
20180704_065842215_iOS
お隣の「トレングローブミレニアム」は無事なのに

園地上から草むしりを行い、ようやく中央まで終了。
20180702_032855314_iOS
かんかん照りの中、雑草が元気です。
20180702_033624645_iOS
一周する頃には、また上が生えてきます・・・。
鉢への水やりは、暑さの落ち着いた夕方に行います。
20180702_073815596_iOS
鉢には水やりしますが、路地植えは水をやらず。
今、水をやってしまうとダリアが勘違いして毎日水やりが必要になってしまいます。
あえて水やりをしないことで、土の下に根を下ろし、山からの水を吸い上げるようになるのです。
山の恵みに育てられるダリア、自然の力は偉大です。

ダリアの育成状況を見ながら、この時期に芯止め(摘芯)も行います。
ダリアを含めた植物の多くは、茎の先端の芽を優先して育てる性質を持っています。
芯止めをすることで、残した4つの脇芽に栄養を回し4本に仕立てることができます。
(主茎の1本を咲かせる天下仕立てという仕立て方もあります)
20180610_004246389_iOS 矢印
2節を残して上をカット(写真は分かりやすく、そのまま伸ばしたのを使用しています)
20180628_060712769_iOS矢印

このページのトップヘ